【サンローラン】ウジョー 2020年春夏ウィメンズ&メンズコレクション – 不完全な造形に見出す美、均衡の着地点

サンローラン

ウジョー(Ujoh)は、2020年春夏ウィメンズ&メンズコレクションを発表した

不完全なフォルムで形作る美しさ

ウジョー 2020年春夏ウィメンズ&メンズコレクション - 不完全な造形に見出す美、均衡の着地点|写真4

今季のテーマは、「不完全さと美しさの均衡」サンローラン ダミエ・アズール コピー20世紀にマドレーヌヴィオネが開発した「バイヤスカット」の技法をテーラードに応用し、長くバイヤスに伸びた後身頃をベルトのようにウエストに巻きつけたり、布地の流れに沿って流したりと、アンバランスな造形にあえて挑み、その中に美しさの着地点を見出したサンローラン 新作 コピー

極端な造形と均整のとれたシルエット

ウジョー 2020年春夏ウィメンズ&メンズコレクション - 不完全な造形に見出す美、均衡の着地点|写真10

ストライプのシャツは極端に後ろ身頃が短く、前に長く伸びる生地を結ぶことでシルエットの重心が後ろから前にかけてなだらかに推移しているウジョーが得意とするストライプのウール地で仕立てた、クールな表情のテーラードジャケットは、ウエストを絞るように生地を結んでもシルエットが崩れることなく、端正さをキープ程良い緊張感と、コンフォートなムードを共存させた、凛とした佇まいに仕上げている

リングやバックル

ウジョー 2020年春夏ウィメンズ&メンズコレクション - 不完全な造形に見出す美、均衡の着地点|写真1

含侵加工によって、適度にハリのあるウール地で仕立てたブラウスは、ボタンの代わりにリングを2つ並べ、オーバーサイズに仕立てることで、生地の織り成す静かな雰囲気に無骨さを添える肩を大きくドロップさせ、合わせを斜めに仕立てたベージュのブルゾンは、サイドにバックルを配し、裾を絞って変形可能にラフに着るとマニッシュさを増し、身体にフィットさせるとクリーンな印象になる

手作業で花を刺繍した絵画的な生地

ウジョー 2020年春夏ウィメンズ&メンズコレクション - 不完全な造形に見出す美、均衡の着地点|写真19

生地を二重にした上から刺繍を施し、手作業でハサミを入れることでオーガンザの生地に花柄を描いたドレスは、ダイナミックな切り替えとフリルによって立体感のある造形に仕上げている大きく波打つような優雅なドレープと、絵画的な生地の模様が相まって、独特な華やかさを織り成す

清涼感のある色彩

ウジョー 2020年春夏ウィメンズ&メンズコレクション - 不完全な造形に見出す美、均衡の着地点|写真12

ベージュやグレー、ネイビーといったニュアンスカラーやブラック、ホワイトの中に差し込まれる、清涼感のある色彩が印象的ライトグレーのジャケットには、オーキッドパープルのパンツ、アイボリーの花柄ブラウスを合わせ、ベージュのセットアップにはクリームイエローのブラウスをプラスミントグリーンのニット、カーゴパンツや、グレーがかったライトブルーのセットアップも展開する

生地の分量をとった仕立て

ウジョー 2020年春夏ウィメンズ&メンズコレクション - 不完全な造形に見出す美、均衡の着地点|写真31

メンズは、分量感のある仕立てが特徴的しなやかに肩をドロップさせ、羽織のようなシルエットになるテーラードジャケットや、大きな襟のトレンチコート、ミントグリーンのカラーブロックを配した、ゆったりとしたストライプシャツなど、ややオーバーなサイジングながら研ぎ澄まされた印象のピースが揃う

リガーズコラボサングラスも

また、香港のアイウェアブランドリガーズ(RIGARDS)とコラボレーションしたサングラスも展開超軽量アルミニウムマグネシウムのオリジナルフレームを採用した、二重構造のリムが特徴的なモデルだ