【バーバリー 】Burberry★バーバリー ポロシャツ コピー モノグラム EDDIE 8014003 A1189 メンズポロシャツ

【バーバリー 】Burberry★バーバリー ポロシャツ コピー モノグラム EDDIE 8014003 A1189 メンズポロシャツ

Burberry コピー トートバッグ2023年オールシーズン最新作通販サイトバーバリー スーパーコピーコピージャケット絶秒な極美品限定品再入荷定番作大人気美品激安直販バーバリー 偽物Tシャツ春夏新作、秋冬新作人気特価、必ず届く信頼できる老舗

Burberry★バーバリー ポロシャツ コピー モノグラムEDDIE 8014003 A1189メンズポロシャツ
■モデル:EDDIE 8014003 A1189
■色:BLACK
■素材:コットン100%
Burberry★バーバリー ポロシャツ コピー モノグラムEDDIE 8014003 A1189メンズポロシャツBurberry★バーバリー ポロシャツ コピー モノグラムEDDIE 8014003 A1189メンズポロシャツBurberry★バーバリー ポロシャツ コピー モノグラムEDDIE 8014003 A1189メンズポロシャツBurberry★バーバリー ポロシャツ コピー モノグラムEDDIE 8014003 A1189メンズポロシャツBurberry★バーバリー ポロシャツ コピー モノグラムEDDIE 8014003 A1189メンズポロシャツBurberry★バーバリー ポロシャツ コピー モノグラムEDDIE 8014003 A1189メンズポロシャツ推奨ブランド コピー 激安

【バーバリー 】Burberry★バーバリー ポロシャツ コピー モノグラム EDDIE 8014003 A1189 メンズポロシャツ

ヨシオクボ(yoshiokubo)の2022年秋冬コレクションが発表された

“凧”を起点に

ヨシオクボ 2022年秋冬コレクション - “凧”が誘う構造と色彩|写真33

今季のヨシオクボのテーマは「IKAnobori(いか上り)」、つまり凧(たこ)のことであるそこには、凧揚げはもちろん、メンコやけん玉など、消えゆきつつある日本の文化に目を向けるという意識があったというと、同時に、骨組みを作って風を受ける何がしかの膜を張るという構造は、スポーツカイトにも見られる今季のコレクションでは、スポーツカイトがもつ鮮やかなカラーリングやフレーム構造など、ブランドのデザインと通底する要素を抽出し、スポーティなムードへと昇華した

フレームによる立体的なシルエット

ヨシオクボ 2022年秋冬コレクション - “凧”が誘う構造と色彩|写真1

基調にあるのは、切り替えや素材のレイヤリングを駆使しつつ、オーバーなサイズ感でまとめられたスポーツスタイルだろう今季はそれを、凧を構造付ける骨組みの要素を取り入れ、立体的なフォルムを生みだすたとえば、放射状にしなやかなフレームを施したアイテムは、スカートのように広がり、立体的なレイヤー構造をもたらしている

ヨシオクボ 2022年秋冬コレクション - “凧”が誘う構造と色彩|写真30

また、薄手の素材の分量をふんだんにとり、ゆったりとロング丈に仕上げたスポーティなアウターは、内側にフープ状の構造を取り入れ、大きく広がるドレスのようなシルエットに仕上げたフレームを使用し、身体の輪郭から離れたシルエットを描く衣服というと、18世紀のクリノリンや19世紀のバッスルなどが思い浮かぶ和の文化に着想を求めていたところ、意外なところで西洋の服飾の伝統と邂逅があったといったところであろう

凧のモチーフを取り入れて

ヨシオクボ 2022年秋冬コレクション - “凧”が誘う構造と色彩|写真25

加えて、随所にあしらわれた凧の尻尾を彷彿とさせるリボンも印象的な装飾だ尻尾は通常、凧に安定性を付与するものであるが、ここでは歩みに合わせて軽快に揺らめく、動的なアクセントを強調するものとなっている

ギャザーがもたらす変化と表情

ヨシオクボ 2022年秋冬コレクション - “凧”が誘う構造と色彩|写真43

ディテールでは、ドローストリングによるギャザーも随所に用いられているベストのウェストに施せば、きゅっとシルエットを引き締めるゆったりとしたロングシャツは、ジレ状に切り替えたフロント部分に沿わせるように、ギャザーをドレッシーに寄せてあるいはブルゾンのバックには、ウェッジ状にギャザーを施し、平坦になりがちなバックスタイルに豊かな表情を与えた

和の要素を平面にも

ヨシオクボ 2022年秋冬コレクション - “凧”が誘う構造と色彩|写真3

立体的な構造ばかりではく、平面の柄においても、和の文化的モチーフを取り入れているブルゾンのバックには、龍の柄を大胆に配置レイヤーとドレープが引き立つスカートやフーディなどには、花札の柄を図案化したパターンで華やぎをまた、ノースリーブのロングトップスや、ボア素材と切り替えたブルゾンなどには、スポーツカイトのスポーティな配色を用い、近未来的なムードを漂わせた