【デュベティカ】ミキオサカベ 2021-22年秋冬コレクション – 静的なプロダクトに咲く繊細な草花

ミキオサカベ(MIKIO SAKABE)の 2021-22年秋冬コレクションが「Rakuten Fashion Week Tokyo 2021 A/W」1日目の2021年3月15日(月)にワールド北青山ビルで発表された

“初心”に戻る気持ちで

ミキオサカベ 2021-22年秋冬コレクション - 静的なプロダクトに咲く繊細な草花|写真2

“独特な空間を誰もが手に入る物で作るというズレを表現したかった”と語る坂部三樹郎が用意したのは、床や階段をシルバーのシートで敷き詰めた、シンプルながらも異質な空間そんな会場でまず最初に披露したのは、学生時代によく作っていたというジャケットアイテムだ“未曾有の出来事によって世の中の価値観が変わっていく中で、初心に戻る気持ちでデザインした”という

ミキオサカベ 2021-22年秋冬コレクション - 静的なプロダクトに咲く繊細な草花|写真17

スペンサージャケットはラペルに淡いピンクをのせ、テーラードジャケットには赤いチェック柄を採用するなど、クリーンな印象を残しながらもフェミニンなムードもプラスした

ファッションにプロダクトを取り込む

ミキオサカベ 2021-22年秋冬コレクション - 静的なプロダクトに咲く繊細な草花|写真27

また、“流行によって変化していくファッションに、大きな変化を好まないプロダクトアイテムを取り込む方法を模索したい”という坂部三樹郎の想いを象徴するアイテムも散見されたその好例となるのが、機能性を追求するプロダクトアイテムで用いられることが多い、ビニール素材を用いたアイテムだ花柄のビニール素材で仕立てられたワンピースは、随所に草花の刺繍やオーロラ色に輝くスパンコールが施され繊細な印象に仕上がっている

ミキオサカベ 2021-22年秋冬コレクション - 静的なプロダクトに咲く繊細な草花|写真29

また、機能性を重視して作られることが多いウエストポーチも多彩なデザインで展開された中に入れるものによって形が変わりそうなエアリーなバッグや、立体的なポケットを複数配した遊び心溢れるバッグなど、コーディネートの主役になりそうなユニークなアイテムが揃う

“ぷっくり”ソールのレザーブーツやメッシュスニーカー

ミキオサカベ 2021-22年秋冬コレクション - 静的なプロダクトに咲く繊細な草花|写真42

また、坂部三樹郎が監修するフットウェアブランドグラウンズ(grounds)とのコラボレーションシューズも多数ラインナップ透明の球体で構築されたぷっくりしたソールにレザーやメッシュ素材を組み合わせたブーツやサンダル、スニーカーが披露された中でもスニーカーは、アッパーとソールの間にネオンカラーのラインを差し込んだ、ポップなデザインが印象的だ

ドラマチックなワンピース

ミキオサカベ 2021-22年秋冬コレクション - 静的なプロダクトに咲く繊細な草花|写真10

カラーパレットは、淡いピンクやライトブルー、イエローといったパステルカラーに加えて、シックなブラックも織り交ぜたオールブラックのワンピースやパンツは、ハリのある生地を用いてドレープを効かせたり、フリルをあしらったりなど、ロマンチックなディテールを落とし込むことで、シンプルで終わらないドラマチックなピースへと昇華させている