【ヴァレンティノ】トーガ ビリリース 2017年秋冬コレクション – ニュートラルな彼らの日常着

トーガ ビリリース(TOGA VIRILIS)の2017年秋冬コレクションは、落ち着いたカラーに染まった無機質なムードだ

 

霞がかった色は、まるで人間の温かみを忘れさせるような不思議な世界を創り上げる今季はそこにサイケデリックなグラフィックを加え、ブランドには欠かせないメタルの装飾を少し控えめに配置ニュートラルなワードローブを個性的に傾けている

今シーズンのムードが無機的に感じられる理由は、おそらく曲線よりも直線が強調されているからだろう四角いシルエットが全体を通してメインとなっているジャケットは、肩が協調された四角いシルエットが目立ったパンツは股上が深く、ラップパンツのようにフロント部分をアシンメトリーに仕立てたフォルム素材には、線の太いコーデュロイやデニム生地などを採用することで「線」を強調している

 

また、深みを出すレイヤードテクニックも特徴的であるシャツにはもう1枚シャツを重ねて、タートルまで着込んでいるさらに特筆すべきは、アウターのスタイリングデニムのセットアップの上にはトレンチコートを……と言いたいところだが、これらはトップス部分が繋がったひとつのアイテムデニムの前身頃だけをトレンチコートのライナー部分にドッキングさせた仕組みだこの立体的なトロンプイユとでも言えようデザインは、チェスターコートなどにも施されている

抜群の存在感を放つものは、今シーズンはないに等しいかもしれないしかし、印象深いレイヤードやシルエットなどの新しい見せ方で定番をアレンジし、今までとは違う日常着を提案している