【ディオール】ディオール オム 2016-17年冬コレクション – ストリートパンクとラグジュアリーの融合

ディオール

ディオール オム(DIOR HOMME)は2016-17年秋冬コレクションを、フランスパリで発表した会場の天井には巨大なシャンデリアが威風堂々と吊るされていて、ランウェイには赤い光を放つスケートランプが置かれている貴族的なラグジュアリーとストリート文化の融合を匂わす会場演出だが、はたしてどんなクリエーションを見せてくれるのだろうかディオール オム 偽物期待が高まる

 

ファーストルックは、黒の細身のプレーンなスーツインナーの白シャツは、襟元にリボンとネックレスを重ね付けしていて、カフスはスポーツウェアのように親指を通せるようになっている足元はダブルモンクストラップとマウンテンシューズのディテールを融合させたハイブリッドなシューズだそれに続くスーツも黒で、上襟と上腕二頭筋のあたりに赤と白のラインが入っていたり、パンツがドローコードでウエストを締めるイージーパンツ型だったりするここ数シーズン、創業者のムッシュディオールの世界観を再構築してきたクリスヴァンアッシュだが、最初の3体のスーツだけでかなりストリート色を強めてきていることが分かる

 

その後は、ノーブルなディオールな世界観にストリートやパンクの要素を取り入れた疾走感あふれるスタイルが続くディオール スーパー コピーなかでも目を引くのが、赤×黒の目の細かいブロックチェックのテキスタイルコーチジャケットと細身のパンツのセットアップ、細身のテーラードジャケットと超極太のワイドパンツとのセットアップ(おそらくスケーターが履くアメリカのワークパンツにインスパイアされたもの)、スーツの上に羽織るビッグサイズのアウターシャツといった具合に、様々なバリエーションで提案されているまた、クラシックな柄のウインドペンの“壊し方”も面白い上質なダブルブレストのチェスターコートは、よく見ると赤の線から糸が有刺鉄線のように垂れていて、さながら「大人になったパンク少年」といったかんじ黒のスーツにピッチ幅の大きい白のウインドペンが入ったスーツは、白の線が手縫いで表現されている

 

アイテムで目立つのは、極地登山にも使えそうなビッグサイズのダウンコート、シームテープが赤になったマウンテンパーカー、スケーターが着るカットソーとおじいちゃんが着るフェアアイルニットを融合させたようなニット、クラッシュ加工を手作業で施したと思われるブラックジーンズ、ペンキを上からこってり塗り付けたようなジーンズ、上質なウールのライダースコートなどいずれも、ストリートな匂いのするアイテムを上品にアレンジしている

カラーパレットの主役は黒、赤、白の3色で、中盤にベージュがアクセントカラーとして加わるラストは、白いバラの花をコート、スーツ、ジーンズなどに落とし込み、チェッカー柄と組み合わせて提案クリスの得意とするストリート、スポーツの要素がこれまで以上に強く出ている一方で、上質な素材感や手作業の技術はディオールの伝統をしかと受け継いでいて、1+1が3になったような印象を受けた

TEXT by Kaijiro Masuda(FASHION JOURNALIST)