【アルマーニ】タエ アシダ 2016年春夏コレクション – 変幻自在のパレット、美しさのカタチを多角的に

アルマーニ

タエ アシダ(TAE ASHIDA)の2016年春夏コレクションが、2015年10月16日(金)、六本木グランド ハイアット 東京にて発表されたアルマーニ バック コピー

ゴージャスな空気感が漂うホールで、静かに始まった今シーズン音楽家の渋谷慶一郎の生リミックスが響き渡り、心地良い緊張感が会場を包んだ

ファーストルックを飾ったのは、全身がビビッドなオレンジで統一されたワンピース立体感のあるリブ編みとチュールの透明感が爽やかなボーダーを描きながら、足元にも同柄のレザーパッツを挿し入れ、フレッシュなスタイリングを完成させたアルマーニ ベルト コピー

ショーの中盤に登場した、ツヤのあるジャンプスーツは圧巻ジオメトリックなプリントが、シルクサテンのツヤ感と共鳴し、シックでいながらも新鮮味のあるバランスを構築した

コレクションが展開されるにつれて、幾度となく流転して行くパレット1ルックごとに目を奪っていくガーメンツの力強さに心が動かされるのと同時に、次はどんな驚きを体験させてくれるだろう、という期待感が膨らんだ

その魅力は単にウェアだけから放たれるものではない胸元で奥ゆかしく輝くアクセサリーや、手元のブレスレット、幅広いフォルムが登場したバッグ&シューズ類……小物使いにも余念がないコーディネートで、ランウェイが美しく彩られた

ショーの終盤にかけて、観衆を圧倒したのが、メタリックカラーが煌びやかなイヴニングドレスラメ入りのコットンジャカードに乗せられた、絵画のような柄が歩く度にダイナミックに広がる重厚感がありつつも、ドレープを寄せたとレーンが、涼しげな風を感じさせるワードローブを構成した