【シュプリーム】マメ クロゴウチ 2023年春夏コレクション、竹籠が持つ”間”に魅せられて

シュプリーム

マメ クロゴウチ(Mame Kurogouchi) 2023年春夏コレクションが、フランスパリで発表された今季、デザイナーの黒河内真⾐⼦の着想源となったのは、古代から⽇本⼈の暮らしと密接な関わりを持ち続けた“⽵籠”籠そのものが持つ美しさ、緻密な編みとその中に仕掛けられた「間」を、衣服と人間の関係性に重ね合わせ、可視化したコレクションを展開する

飯塚琅玕斎の“花籠”にオマージュを捧げて

マメ クロゴウチ 2023年春夏コレクション、竹籠が持つ”間”に魅せられて|写真32

⽵籠にまつわるリサーチの中で、20世紀初頭に活躍した作家飯塚琅玕斎による“花籠”に強烈な共感を覚えた黒河内伝統的な唐物籠という安寧を超越し、芸術的主題へと昇華させた作品の数々は、本コレクションにおいて最も多くのインスピレーションをもたらしたそうだ

その好例となるのが、琅玕斎が得意とした「束編み」を彷彿させるニットピースプリミティブな要素を内包しながらも、ブランドとも縁の深い“編み”のテクニックを応用させることで、上品かつフェミニンなムードへと引き寄せているスーパーコピー シュプリームまたディテールも特徴的で、ポケット口や、ベルトループに施されたパイピングのフィニッシュは、“籠の縁”を想起させる仕上がりとなっている

“竹そのもの”を表現したピース

マメ クロゴウチ 2023年春夏コレクション、竹籠が持つ”間”に魅せられて|写真8

軽やかなシルクの楊柳ジャカードのピースや、シルクオーガンジーのトップスは、織りや刺繍で表現された⽵林柄と上品な透け感のファブリックにより、⽵そのものが持つ凛とした美しさを体現しているかのよう特殊なマクラメ編みのドレスやベスト、スカートは、レイヤードにぴったりなアイテムで、その編み目の中には伝統的な竹ビーズも差し込まれている

コード刺繍がパワーアップ

マメ クロゴウチ 2023年春夏コレクション、竹籠が持つ”間”に魅せられて|写真6

アイコニックなコード刺繍は、かつてない程精巧な表現へ一枚でさらりと纏うキャミソールドレスやランジェリーの中には、セクシーさというよりも、緻密な編みと⼤胆な透かしによるリズムに、芸術的な美しさを見て取れるだろう

カラーパレット

マメ クロゴウチ 2023年春夏コレクション、竹籠が持つ”間”に魅せられて|写真13

カラーパレットは、ナチュラルトーンを主流に、⽵林を思わせるミントグリーンがアクセントに囲炉裏の煙に炙られ、変⾊した煤⽵の持つ⾃然なブラウンのグラデーション、⽵の節の再現は、多⾊染めや筒状の⽣地に⽷を巻き付けて⾏う⻯巻絞りといった、伝統的な有松絞りの技法で丁寧に表現されている

新作アクセサリーも

マメ クロゴウチ 2023年春夏コレクション、竹籠が持つ”間”に魅せられて|写真7

またアクセサリーも今季ならではのラインナップが勢ぞろい真⽵を燻し、束編みの技法で作られたネックレスやピアス、イヤーカフに加え、⽵ビーズを使⽤したコードが付属するKIJIMA TAKAYUKIとのコラボレーションハットなどが展開される

シュプリームコピーパーカー